FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<01  2020/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
地鎮祭日和
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

今日はこれから始まる工事の
地鎮祭がありました。

s-地鎮祭

神主さんの祝詞の声が辺りに
響きわたるのを聞いていると
いよいよ工事が始まるぞ!
という気になり、気分が高まります。

以前に地鎮祭の説明を書きましたが
再度紹介しますね。

地鎮祭(ジチンサイ)

地鎮祭(じちんさい・とこ しずめ の まつり)は、土木工事や建築などで
工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させ
てもらうことの許しを得る。

これには神式と仏式がある。一般には、神を祀って工事の無事を祈る
儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭、
土祭り、地祭り、地祝いとも言う。

一般には、土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲って
祭場となし、斎主たる神職のもと、建築業者・施主の参列の上で
執り行う。祭場の中には木の台(八脚台という)を並べ、
その中央に神籬(ひもろぎ、大榊に御幣・木綿を付けた物で、
これに神を呼ぶ)を立てて祭壇となし、酒・水・米・塩・野菜・魚等
の供え物を供える。また、関西などの特定の地方によっては
伊勢神宮近隣の浜から砂または塩を取り寄せ、四隅に置く場合もある。

祭壇の左右に、緑・黄・赤・白・青の五色絹の幟に榊をつけた「真榊」
を立てる場合もある。この五色絹は五行説における天地万物を組成
している5つの要素、つまり木・火・土・金・水を表している。

一般的な地鎮祭の流れは次の通りである。

・修祓(しゅばつ)
祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。

・降神(こうしん)
祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。
神職が「オオ~」と声を発して降臨を告げる。

・献饌(けんせん)
神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。酒と水の蓋を取る。

・祝詞奏上(のりとそうじょう)
その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全
を祈る旨の祝詞を奏上する。

・四方祓(しほうはらい)
土地の四隅をお祓いをし、清める。

・地鎮(じちん)
刈初(かりそめ)、穿初(うがちぞめ)、鍬入(くわいれ)等が行われる。

・玉串奉奠(たまぐしほうてん)
神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂を付けたもの。

・撤饌(てっせん)
酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。

・昇神(しょうしん)
神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。

~出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』~



お客様に満足してもらい
「ありがとう!」と言ってもらえるよう
がんばります!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

西沢不動産商事株式会社

Author:西沢不動産商事株式会社
免許番号:長野県知事(11)第1780号
代表  :西澤敏夫
web担当:西澤優
所在地 :長野県上田市中之条329-2
電話番号:0268-22-2566
FAX :0268-22-2511
E-mail :下記メールフォームからお願いします。

直接という方はこちらから↓
info@nishizawaFudousan.com
(大文字のFを小文字のfに直してご連絡ください)

上田市周辺のアパートや一戸建ての賃貸物件、テナントや売り土地、中古建物等あつかっております。皆様に快適な生活を送って頂くため、より良い提案をしていきたいと考えております。お気軽にご連絡下さい。

お気に入りに追加
IEのみに有効です
カテゴリー
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
所在地

大きな地図で見る
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
不動産の本