FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<02  2008/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
花粉症って苦しいんでしょうね・・
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

寒い冬が過ぎ、気温もだんだんと暖かくなってきましたね。
私は寒いのが嫌いなので、春が来るのはうれしいかぎりですが、
中には憂鬱な季節がやってきたと思う人もいます。
この時期空気中を飛び回るもの・・

そう花粉症です。

私は幸運にも、花粉症の症状は今のところは出ていないのですが
(花粉症はある日突然発症するって言いますよね・・)
私の周りには花粉症で苦しんでいる人が結構います。
弊社の社長もその一人。
この季節は目を真っ赤にして、くしゃみばかりしています。

症状がひどい日は、医師から処方してもらった薬を飲んでいるようですが
その薬を飲むと、眠気が襲ってくるらしく
それを我慢しているを見ると、本当に大変だな・・・と思います。

ですので、弊社にいらっしゃって、社長が鼻をかんだり、
眠そうだったりしても、大目にみてやってください。
スポンサーサイト
甲子園初勝利おめでとうございます!
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

選抜高校野球大会、春のセンバツで長野日大が愛媛の
今治西を逆転の末6-3でやぶり、甲子園初勝利を挙げたそうです。
おめでとうございます!!
強豪校を相手に素晴らしい結果ですね。

高校時代の部活動、私はバスケ部に所属していましたが
全国という大舞台の経験は、残念ながらありません。
しかし、地区大会でもかなり緊張した記憶があります。

地区大会でさえも緊張するのに、それが甲子園ともなると
相当のプレッシャーがかかってくることと思います。
その大プレッシャーの中で自分達の力を発揮し、勝利したこと
本当におめでとうございます。
次の対戦校は29日の横浜高校(神奈川)と北大津高校(滋賀)の
勝者となります。力を出し切れるようがんばってください!

さあ、明日は丸子修学館高校の出番です。
相手はこれまた強豪校の智弁和歌山高校、
丸子修学館がんばってください!!
お金の価値って一体・・・
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

ある雑誌を読んでいたら、『パン1斤、10,000円』
という記事が目に付きました。
これは日本ではなく、アフリカ南部の国、ジンバブエの話です。

ジンバブエという国を知らない人もいると思いますが
そのジンバブエが第二次世界大戦後としては
最大のインフレ率を記録しているという内容でした。

2008年2月に国の中央銀行が発表したインフレ率は24,470%。
約240倍です!実際はもっと高いのではないかとも言われて
いますが、それでも240倍に物価が上がるというのは・・・凄まじいですね。

例えば120円の缶ジュースが28,800円になってしまうということです。
夕食の買い物をするのにもアタッシュケースを持っていかなければ
ならないでしょう。

借金ならばほとんどなくなってしまうことになりますが、貯金も同時に
240分の1の価値になってしまう・・・2,400万円の貯金があっても
実質10万円まで価値が下がってしまうんです・・・。

紙幣は国の保証がなければ、価値の無いただの紙切れになって
しまうのですね。

色々と考えさせられる記事でした。



地上げですか・・・
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

今日のニュースで『都心のビルを巡る弁護士法違反事件』が
繰り返し報道されていますが、テナントビルの売買を急ぐため
いわゆる『地上げ』を、依頼していたようですね。

地上げと聞くと皆さんは、ほとんどの方が悪いイメージを持つ
のではないかと思いますが、もともと『地上げ』というものは
権利関係の複雑な地域を買収するために行われていました。
専門業者もいるくらいです。
彼らは、地道に立ち退きを交渉し、立ち退きを要望する住人
の生活も考えながら手間を掛けます。
つまり、細かな権利関係に精通し、トラブルなしに土地を買収
するプロフェッショナルが、本来の地上げの意味です。

しかし『地上げ』という言葉は、1980年代後半~1990年代初頭にかけての
バブル景気で流行語のように使われ、その印象を一気に悪くしました。
『地上げ』と聞くと『追い立て屋』と思う人も多いと思います。
怖い人たちが押し掛けてくるイメージですよね。

今回の事件の地上げは、悪い方の地上げですが
ビルを購入しテナントを立ち退かせた後に転売するという
いわゆる「不動産ソリューション事業」というのは
地価が上がっていかなければ、なかなか難しいと思います。

そういう意味でも、都心と地方での差を感じます・・。
快適な住まいづくりのために
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

住宅の新築をお客様から頂き、実際に工事が始まるまでに
お客様とは数多くの打ち合わせを重ねます。
多い方になれば、何十回という数になることもあります。
間取りや外観、内装、予算・・・等々。決めなければならないことは
山のようにあり、おおむね内容が決まって工事着工となっても
細かい仕上げの打ち合わせを、その都度していきます。

お客様がこれから何十年と暮らしていく住宅です。
私たちは全力で、お客様に快適な生活、安全な生活を送っていただける
心から満足していただける住宅を造りたい、いつもそう思っています。

しかし、私たちは時にお客様がこうしたい、とういう要望に即答できない
場合もあります。お客様の希望通りにすると、構造的に弱くなってしまったり
明らかに予算オーバーだったり、生活に支障が出る間取りだったり
・・・そんな時です。

お客様にとって、住宅購入というのは、ほとんどが一世一代の出来事だと思います。
だからこそ、ありとあらゆる夢や希望を詰め込みたい・・・そう考えて当然ですよね。
逆にそうならなければ、ちょっとおかしいと言ってもいいくらいです。

ただ、安くて見栄えが良く、機能も優れ、環境にもやさしい上に、丈夫で長持ち、
そんなふうに全ての要素を満たすのは、非常に難しいことです。
一長一短、良い面もあれば悪い面もあります。

例えば
吹き抜けは開放感があり、上下の一体感が出ますが、
耐震面で脆くなったり、暖房や冷房の効率が悪くなってしまう。

全ての戸や家具をオーダーメイドにすれば、世界に一つしかない
自分達のオリジナルハウスになるし、かっこいいかもしれません。
しかし、それでは既製品の何倍もの金額になってしまう・・。

私たちは、お客様の要望に対して、メリット・デメリットを考え、
住宅を提案しなければならないと思っています。

夢を現実に寄せていく、現実を夢に近づけていく
可能なかぎり、夢と現実をイコールにするまで
打ち合わせを重ねたい・・・。
そのために、お客様も私たちにデメリットの部分を指摘されても
折れずに向かってきてほしいと思います。

私たちもお客様と共に成長していくよう、がんばります。







tag : 新築 住宅 理想のすまい

今日はひな祭りですね
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただき、ありがとうございます。

3月3日今日はひな祭りですね。
女性の皆さんおめでとうございます。

私は男2人兄弟、子供2人も男の子なので
ひな祭りと聞いても、いまいちピンとこないんですが
妻に聞いてみると、いくつになっても雛人形を見ると
わくわくするのだそうです

今日は月曜日ですので、お祝いを昨日の日曜日に済ませてしまった
という方も多いと思います。
しかし、端午の節句は祝日なのに、なぜ桃の節句は祝日になって
いないのかな?と不思議に思い調べてみました。

江戸時代雛祭りは『五節句』のひとつとして「祝日として存在した」とされる。
しかし、明治6年の新暦採用が『五節句(=雛祭り)』の祝日廃止となって、さらに「国民の祝日」より「皇室の祝日」色が濃くなった。このため、戦後になって新たに祝日を作ろうとする動きが見られるようになる。ところが、世論調査で「雛祭りを祝日にしたい」との声が多かったのに対し、結果は5月5日の端午の節句を祝日(こどもの日)としている。「5月の方が気候がよい」が最大の理由である。
~出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』~



5月の方が気候がよいから・・・という理由もすごいですね・・・。

弊社のお客様に、吊るし雛を飾る方がいらっしゃるのですが
50を超える人形を近所の方たちと作っておられます。
その方の吊るし雛は新聞に取り上げられるほどです。
私はいつも都合が悪く見に行くことができないので、
今年はぜひ見に行ってみたいと思ってます。

見に行くことができたら、このブログでも紹介しますね。
大学時代に出会った不動産屋
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

現在、不動産業という職種で働いているわけですが、学生の頃は
正直そんなことは考えていませんでした。
実際、大学は建築系の学部に進んでいましたし・・・。

ですので、改めてアパートの仲介をしていた不動産屋を思い出すと、
その時はそんなものか・・・と漠然と思っていたことも
今では考えられないことが多いです。

男性の老人一人だけのお店だったのですが
貸してやっているという雰囲気で、私はあまり好きではありませんでした。

何か不具合があっても、直してくれませんでしたし、
契約期限前に退室したいと申し出たら
「入学シーズンにならないとお客さんが入らないので、
出てもいいが春までの家賃分のお金を払ってくれ!」
とまで言われました。まだ春までは半年もあるのにです。

当然契約書にはそんなことは書いてなかったので、「そんなことは
できない」と反論したら、渋々了解してくれました。

確かに大学の近くの学生アパートだったので、シーズン途中で
空き室になると、次のシーズンまで新しい入居者を獲得するのが
難しいのは分かりますが・・・滅茶苦茶ですよね。

学生だから賃貸のことなど知っているわけがない・・と思っている
のかもしれません・・・


もう3月に入りました。新大学生や新社会人になり、アパート等を決めた方、
これから決めようとしている方も多いと思います。

賃貸物件に入るのが初めてだという方もきっと多いでしょうし、
分からないことも沢山あると思いますが、これから何年も生活していくための
アパートですので、契約書をもう一度確認してみて下さい。

知っているのと知らないのでは、大きく違ってくると思いますよ。
もし何か分からないことがあれば、お気軽にご質問ください。
プロフィール

西沢不動産商事株式会社

Author:西沢不動産商事株式会社
免許番号:長野県知事(11)第1780号
代表  :西澤敏夫
web担当:西澤優
所在地 :長野県上田市中之条329-2
電話番号:0268-22-2566
FAX :0268-22-2511
E-mail :下記メールフォームからお願いします。

直接という方はこちらから↓
info@nishizawaFudousan.com
(大文字のFを小文字のfに直してご連絡ください)

上田市周辺のアパートや一戸建ての賃貸物件、テナントや売り土地、中古建物等あつかっております。皆様に快適な生活を送って頂くため、より良い提案をしていきたいと考えております。お気軽にご連絡下さい。

お気に入りに追加
IEのみに有効です
カテゴリー
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
所在地

大きな地図で見る
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
不動産の本