FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<01  2020/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
バイカカラマツ
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

季節も春になり、事務所も花の鉢が多くなってきました。
黄色に紫にピンクに色とりどりですよ。

今日はその中でも比較的地味ですが、小さくてかわいい
山野草をご紹介します。

バイカカラマツ
キンポウゲ科 バイカカラマツ(アネモネラ)属の多年草

北アメリカ中西部を原産地とする1属1種の植物。
1種しかないが、花の変化が多く花色や花弁数によって分類される。
バイカカラマツという名前は、葉がカラマツソウの葉形に似ているところから名づけられたと言われる。

花径は、2~3㎝で、基本種は一重ですが、八重咲き、千重咲きがあり、花色も白、ピンク、淡桃色、淡緑色などがあります。



20070410165402.jpg

~↑画像をクリックしてください~

20070410165459.jpg

~↑画像をクリックしてください~

華麗に咲く花はとても鮮やかできれいですが
山野草も小さいけれど、力強く生きているという
イメージで私は好きです。
バンダ
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

3月に入ってからずっと外仕事で、ブログの更新が滞って
しまって、申し訳ありません。昨日型枠にコンクリートを
流し込み、やっと一段落です。

今朝は結構冷え込みましたが、それでもここ最近は
暖かいですよね。桜の開花も記録的に早いのではと
今日の新聞の記事にもありました。

ここにきて、事務所も花の鉢の数が増え、華やかになって
きていますので、紹介したいと思います。

バンダという花ですが、青紫色のものは珍しいらしいです。
(社長が言っていただけなので、真意は確かではありませんが・・・)

20070308091105.jpg

~↑画像をクリックしてください~

20070308091404.jpg

~↑画像をクリックしてください~

バンダ
(和名:ヒスイラン)

バンダは、単子葉植物綱ラン科に属し、原種は東南アジアを中心に自生する。多くの種は樹木に着生する着生植物。東南アジア原産のため洋ランの中でも大抵あまり耐寒性は強くない。耐寒性の強い(Vanda coerulea)で5℃程度が必要。

バンダは自生地では、年間を通して湿度を保てる環境で生活しているためカトレアのように多肉質の偽球茎(バルブ)を持たない。茎は長く伸び、まれに分枝する。茎は着生する樹皮にそって伸び、白く太い根を樹皮に張り巡らせて生活している着生植物。この根は空気中の水蒸気を吸収する吸水根。茎先端はやや立ち上がる。葉は茎にそって規則正しく並び、左右に広がる。葉は細長く、厚く革質で硬い。

花は茎の先の方の葉の付け根から出て、やや穂状に着く。花は副弁がやや大きく発達し、全体に丸っこい花形となる。唇弁は小さい。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



久々に事務所で花を眺めましたが、いいものですね。
心和やかにお客様に接することができそうです。
ご来店お待ちしております!


ギンギアナム
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

今日は一日暖かい日でしたね。
屋根に残った雪も、だいぶ融けました。
このまま春になってくれれば・・・
まだまだ寒い日はやってくるのでしょうね。

さて、久しぶりに事務所の花のご紹介。
ギンギアナムという名の花です。

ギンギアナム

ラン科デンドロビューム属の多年草で、原産地はオーストラリアです。
属名のとおりデンドロビュームの一種ですが、寒さ・暑さにも強いのが特徴。小さくて、とてもかわいらしい花です。

20070122172714.jpg

~↑画像をクリックしてください~

20070122172750.jpg

~↑画像をクリックしてください~

まだまだ寒い日は続くと思いますが
しもやけに負けずにがんばります!
大文字草
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいてありがとうございます。

昨晩はすごい雨でしたね。
雷まで鳴って、なんだか季節はずれ
といった感じを受けました。

さて、今年最後の花の紹介をしたいと
思います。

こんな時期ですが、何かしらの花は
あるものなのですね。

今日紹介するのは、大文字草
という花です。

20061227170655.jpg

~↑画像をクリックしてください~

20061227170744.jpg

~↑画像をクリックしてください~

大文字草
ユキノシタ科の宿根草
山の谷川近くの岩場に自生し、湿り気のある場所を好みます。
育てやすいことから平鉢つくりや苔球つくりなどにも利用され、数多くの改良品種も作られています。花の形が漢字の「大」の字のように見えるところから、この名がつけられたと言われています。
8月頃から11月頃まで咲き、比較的作りやすく花姿は美しく、葉も鑑賞できます。秋から春には日に当て、夏には半日陰にするとよく、土は鹿沼土、赤玉土、桐生砂をよく混ぜて植付けてください。
肥料は月に1回位、液肥を与えるとよいです。

ひとつひとつの花が小さくて
とてもかわいらしいですよ。

皆さんよろしかったらアンケートにご協力お願いします。
(右サイドバーの中にあります)


紅葉が真っ赤です
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいてありがとうございます。

今日一日はスカッと晴れて良い一日でしたね。
でも、朝はほんとに寒かった。
車は霜が降ってフロントガラスはガリガリ、
バケツの中の水も、凍ってました。
車の温度計を見てみると、-1℃・・・。
うーん、本格的に私の嫌いな季節が
やってくるんですね・・・。

今年もアカギレ、シモヤケに悩まされることに
なるのかなー。

急に寒くなりましたが、事務所の前の紅葉は真っ赤に
色づいて、太陽の光が当るとキラキラと本当にきれい
ですよ。
というわけで、今日の社長の趣味は“もみじ”です。

紅葉

s-100_0379.jpg

~↑画像をクリックしてください~

紅葉(モミジ)≒楓(カエデ)
カエデ(楓)とはカエデ科(APG植物分類体系ではムクロジ科に含める)カエデ属Acer の木の総称。カエデの名称の由来は葉がカエルの手に似ていることからとされている。

モミジとも言うが、その場合、様々な樹木の紅葉を総称している場合もある。主に童謡などで愛でられるものはそれである。赤、黄、緑など様々な色合いを持つ為、童謡では色を錦と表現している。


もっとも一般にカエデとして見かけるものは、イロハカエデ(Acer palmatum Thunb. )である。本州中部以南の山野に普通に自生しているほか、古くから栽培も行われている。複数の品種があり、葉が緑色から赤に紅葉するもの、最初から紫色に近い葉を持ったものがある。

一般に高木になる。落葉樹が多いが、日本では沖縄に産するクスノハカエデが常緑樹である。

葉は対生する。葉の形は掌状に切れ込んだものが多いが、3出複葉(メグスリノキ)や普通の単葉(チドリノキ)のものもある。

花は花弁が目立たない、小さなものである。果実は二つの種子が密着した姿で、それぞれから翼が伸びる。脱落するときは、翼があるので、風に乗ってくるくる回って落ちる。

これらカエデのうち、サトウカエデといわれる種は樹液が甘いので、これを採集し煮詰めてメープルシロップを作ることで知られている。又このサトウカエデは、その葉っぱがカナダの国旗にデザインされていることでも有名。

メグスリノキ(目薬木)(別名でチョウジャノキ(長者の木)と呼ばれる)は、苦味成分のロドンデール(視神経を活発化させる作用がある)が多く含まれている。また、古来より漢方薬として利用されており、葉や樹皮を煎じて飲用したり洗眼薬にしていたのでこの名前がついている。なお、山地に自生している。
《出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』》

皆さん只今アンケート実施中ですのでぜひ、
投票お願いします。
(右のアンケートフォームより投票お願いします)

プロフィール

西沢不動産商事株式会社

Author:西沢不動産商事株式会社
免許番号:長野県知事(11)第1780号
代表  :西澤敏夫
web担当:西澤優
所在地 :長野県上田市中之条329-2
電話番号:0268-22-2566
FAX :0268-22-2511
E-mail :下記メールフォームからお願いします。

直接という方はこちらから↓
info@nishizawaFudousan.com
(大文字のFを小文字のfに直してご連絡ください)

上田市周辺のアパートや一戸建ての賃貸物件、テナントや売り土地、中古建物等あつかっております。皆様に快適な生活を送って頂くため、より良い提案をしていきたいと考えております。お気軽にご連絡下さい。

お気に入りに追加
IEのみに有効です
カテゴリー
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
所在地

大きな地図で見る
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
不動産の本