FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<03  2019/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
S様邸レポート ~水盛・遣り方工事~
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

地鎮祭も滞りなく終了し、いよいよS邸の基礎工事が始まります。


建築工事を始めるに当たり、最初に行う工事が水盛・遣り方
工事です。

s水盛・遣方1
(↑クリックで拡大)

s水盛・遣方2
(↑クリックで拡大)

こんな感じで、建物が建つ場所の周りに設置されたのを
見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

木の杭(水杭)と板(水貫)を使って建てるのですが
簡素に見えるようで、これが大変重要な工事なんですよね。

この遣り方工事で建物の位置、高さが決まるからです。

遣り方が間違っていたり、適当になっていれば、
建物も同じように適当になってしまいます。

ですので、高さや位置を何度もチェックしながら慎重に
施工しなければなりません。


まず建物外周から1mほど離れたところ(施工業者によって
その辺は違ってきますが)に、建物と並行になるよう杭を
打ち込み、レベル(水平を測定する測量器具)を使って杭に
基準となる高さを出します。

その印に合わせて水貫と呼ばれる板を打ち付けて固定します。

その後、遣り方が動かないように、筋交いを設置します。
しっかりと動かないことを確認したら、水貫に建物の位置を
記して完成です。

s水盛・遣方3
(↑クリックで拡大)

これでやっと土を掘り始めることができます!

スポンサーサイト
S様邸 地鎮祭
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

今日はS様邸新築工事をスタートするにあたり
地鎮祭を行いました。

sP1000746.jpg
(↑クリックで拡大します)

これまでに本ブログでも何度か地鎮祭については記事に
しましたが、しつこいですが再度紹介しますね。


地鎮祭(ジチンサイ)

地鎮祭(じちんさい・とこ しずめ の まつり)は、土木工事や建築などで
工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させ
てもらうことの許しを得る。

これには神式と仏式がある。一般には、神を祀って工事の無事を祈る
儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭、
土祭り、地祭り、地祝いとも言う。

一般には、土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲って
祭場となし、斎主たる神職のもと、建築業者・施主の参列の上で
執り行う。祭場の中には木の台(八脚台という)を並べ、
その中央に神籬(ひもろぎ、大榊に御幣・木綿を付けた物で、
これに神を呼ぶ)を立てて祭壇となし、酒・水・米・塩・野菜・魚等
の供え物を供える。また、関西などの特定の地方によっては
伊勢神宮近隣の浜から砂または塩を取り寄せ、四隅に置く場合もある。

祭壇の左右に、緑・黄・赤・白・青の五色絹の幟に榊をつけた「真榊」
を立てる場合もある。この五色絹は五行説における天地万物を組成
している5つの要素、つまり木・火・土・金・水を表している。

一般的な地鎮祭の流れは次の通りである。

・修祓(しゅばつ)
祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。
sP1000756.jpg
(↑クリックで拡大)

・降神(こうしん)
祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。
神職が「オオ~」と声を発して降臨を告げる。

・献饌(けんせん)
神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。酒と水の蓋を取る。

・祝詞奏上(のりとそうじょう)
その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全
を祈る旨の祝詞を奏上する。

・四方祓(しほうはらい)
土地の四隅をお祓いをし、清める。
sP1000765.jpg
(↑クリックで拡大)

・地鎮(じちん)
刈初(かりそめ)、穿初(うがちぞめ)、鍬入(くわいれ)等が行われる。

・玉串奉奠(たまぐしほうてん)
神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂を付けたもの。

・撤饌(てっせん)
酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。

・昇神(しょうしん)
神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。

~出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』~



地鎮祭の流れはこんな感じですが、神主さんによっては楽器の生演奏が
入ったりとオプションがあるところもあるようです。


まあ、とにかく地の神様へのお祈りも、滞りなくとりおこないましたので
これでいよいよ新築工事のスタートです。

工事中はもちろん、引渡し、実際の生活が始まっても、事故なく、安全に
生活ができればいいですよね!




新築レポートのお知らせ
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

このブログもいつ最後の更新をしたか忘れてしまうくらい
久しぶりの更新ですいません(汗)

新しい年を迎え、バタバタと慌ただしく過ごしているうちに
あっという間に、1月ももうわずかとなってしまいました・・。

今現在、新築工事がスタートするということで、着々と準備、
打合せに追われております。


というわけで、お施主様のS様の了承を得て、S様邸新築工事
の記録を本ブログで紹介させていただくこととなりました。

新築住宅が出来ていく様子を、できるかぎり追いかけて、
紹介していきたいと思っています。

建築工事の説明なども盛り込みながら、できるだけ分かり易い
文章を心掛けるつもりです。

よろしくお願いします。
震災の余波
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

今回の震災は様々な産業に影響を及ぼしています。

私たち建築業界・不動産業界も例外ではありません。

特に建築業界には建材の不足という問題に直面しています。
臨海地域に建材工場が数多く存在していたということで
製造自体ができない状況なのだそうです。

この状況はかなり厳しい。

ですが、今はみんなが苦しい時期。

上向いてがんばります!

木の家は体によいのですか?
皆さんこんにちは。
西沢不動産商事の西澤です。
いつもご覧になっていただいて、ありがとうございます。

よく木の家は本当に体に良いのか?と質問されることが
ありますが
「はい、良いです!」
と言い切れると私は思います。

ちょっと乱暴な言い方をしてしまえば、「人間だって
生き物なんだから、自然の素材である木の家が体に
悪いはずはない。」ということです。

当然他の工法、例えば鉄筋コンクリートも鉄骨も
それぞれ一長一短ありますが、私自身の好みで言えば
やはり木造、もっと言えば、木の素材感を生かした
住宅になってしまいます。

木の家のどんなところが優れているのかを挙げてみると
「目にやさい」「音が柔らかい」「素足でもあたたかい」
「木の香りがする」「ほっとする」などなど・・。

五感すべてへの作用にわたります。これは広く心身の
健康に関係することですよね。

木のさまざまな性質の中でも、特に健康面と関係が深いのは、
木のもつ調湿性だと思います。

木は伐られても、表面を覆ったり塗ったりしない「無垢」の
状態で使えば、ずっと呼吸し続けます。

今時期のじめじめした梅雨時には 湿度を吸ってくれ、逆に
乾燥した冬には木に含んだ水分を 放出してくれます。

四季の変化に身体を適応させていく必要のある日本の風土では、
木はそうした身体調節の助けにもなります。

やはり、古くから日本の風土になじんできた、木造建築には
それなりの理由があるのですね。
プロフィール

西沢不動産商事株式会社

Author:西沢不動産商事株式会社
免許番号:長野県知事(11)第1780号
代表  :西澤敏夫
web担当:西澤優
所在地 :長野県上田市中之条329-2
電話番号:0268-22-2566
FAX :0268-22-2511
E-mail :下記メールフォームからお願いします。

直接という方はこちらから↓
info@nishizawaFudousan.com
(大文字のFを小文字のfに直してご連絡ください)

上田市周辺のアパートや一戸建ての賃貸物件、テナントや売り土地、中古建物等あつかっております。皆様に快適な生活を送って頂くため、より良い提案をしていきたいと考えております。お気軽にご連絡下さい。

お気に入りに追加
IEのみに有効です
カテゴリー
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
所在地

大きな地図で見る
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
不動産の本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。